花幸様インタビュー

花幸
目次

アプリを導入する前のお店の課題や、導入するきっかけ

アプリを早く作っておけば後々便利になる

河原さん アプリがどういうものかというのは、正直、インストールするまであまりイメージができていませんでした。しかし、使ってみて、非常に便利だと感じました。

アプリでこういうことができると教えていただいた時に、すぐに興味を持ち、すぐに取り組みたいと思いました。なので具体的な課題を把握せずに始めました(笑)

実際に課題や不足があったわけではなく、アプリを早く作成しておけば、後々便利になるだろうと感じて取り組みました。

実際にアプリをインストールしていただいているお客様は、もちろん会員の方々ですが、ダイレクトにお知らせができる機能は非常に有り難いです。

全会員の中でアプリをインストールしている方は約1割ほどですが、これらの方々は普段から私たちのお店を利用してくださる方や、様々な店のアプリを使用している方々です。

このアプリを通じて、お知らせを迅速に伝えることができたり、チャットでの問い合わせや注文、画像のやり取りなどが可能になったのは非常に便利で、これまでできなかったことを実現できたと感じています。

現在の課題はなんですか

配信のスケジューリング機能を利用している

河原さん 特にお知らせの配信については、頻繁にはできていないのですが、営業時間の変更や休業のお知らせなどは配信しています。

また、クーポンの配信も行っていて、特に仕入れがお得になった際には、それを反映したクーポンを配信しています。

配信を通じて、お客様の開封率が上がるので、非常に重要だと感じています。本当は配信の頻度をもっと上げたいのですが、配信内容の考案や文章作成に時間が取れないのが現状です。

専属で配信業務を行うスタッフがいないので、その点が課題となっています。

現在、お知らせ配信やクーポン配信は営業時間外、主に夜に配信業務を行っています。営業時間中にはその他の業務が多く、配信業務を行う余裕がありません。

しかし、配信のスケジューリング機能を利用して対応しています。

アプリで取り組んでいる機能やサービス

魔法の花瓶のディスプレイが効果的

河原さん 魔法の花瓶を導入する際には、急いで構築した部分があります。今振り返ると、魔法の花瓶の取り扱い方などをもう少ししっかりと考えてから始めるべきだったと感じています。

周りの花屋さんや仲間たちがどのように魔法の花瓶を取り扱っているのかを知ると、私たちもあの方法でやればよかったと思うことが多々あります。

しかし、今となっては、長期間継続してきた方法を簡単に変更するのは難しいです。そういった点で、急いで取り組んだ部分に関しては、様々な方法を検討するべきだったと思います。

魔法の花瓶は、継続されない方もいらっしゃいますが、シーズンが変わると再び戻ってくださる方も多いです。継続されている方が実際に一番多いです。トータルの数としては、他の花屋さんと比べると少ないかもしれません。

しかし、現在の人数がちょうど良く、もし増えすぎると日常の仕事とのバランスが難しくなると感じています。

魔法の花瓶を目的として来店される方だけでなく、たまたまお花を購入しに来た方が魔法の花瓶のディスプレイに興味を持って、それをきっかけに契約してくださる方もいらっしゃいます。また、その方が友人を紹介してくれるケースもあります。

年中行事の商品やプロモーションを店頭で実施することで、お客様の関心を引くことができるので、このような取り組みは非常に効果的だと感じています。

アプリやサブスクなどを活用した今後の展望

情報配信やクーポンの配布で来店のきっかけを増やす

河原さん 今後は、アプリでの情報配信の頻度を上げたいと思っています。せめて週1回くらいは配信を行いたいと考えています。

配信を増やすことで、お客様が私たちの店を忘れずに訪れてくれるきっかけになると思っています。もちろん、新しいアイデアや取り組みも考えてはいますが、現段階では具体的なことは考えていません。

やはり、年中行事などの情報を活用して、情報配信やクーポンの配布などを行うことで、来店のきっかけを増やすことが最大の課題と感じています。

お客様からの反応やフィードバックが非常に励みになっています。本当は、毎日のように更新したいと思っています。

Flower&Heart 花幸
公式アプリ

Flower&Heart 花幸
公式アプリ

「30分の無料説明会」にてご相談を承っております。ご興味がある方はぜひお申し込みください。

お花屋さんのお悩みを解決します!

30分の無料説明会はこちら▼

お花屋さんのお悩みを解決します!

30分の無料説明会はこちら▼

よかったらシェアしてね!
目次