フローリスト桜屋様インタビュー

フローリスト桜屋店舗
目次

アプリ導入の理由や狙い

紙をデジタル化したかった

桜井さん 今までは紙のスタンプだったものをデジタル化したかったので、アプリのスタンプ機能とマッチしているのではないかと思ったのがきっかけです。

また、DMやはがきも出していたのですが、コストがかかっていたので、削減できるのではないかとも考えました。
実際、お知らせ配信があることで、企画をたてた時に店頭で配ったり、郵送する手間がなくなって、スマホに届けられるようになり、特に利便性を感じています。

アプリをお客様に促す際にお店で取組んでいること

アプリと紙を差別化して勧める

桜井さん 紙とアプリとを併用しているのですが、スタンプの特典と期限を変えています。

アプリでは特典と期限をお得なものにして差別化し、そういった内容をお客さんにお伝えしてアプリに誘導をしています。

また、新規ダウンロードクーポンが届いて、その場で「500円引きできます」といった内容もお伝えしています。

新規の方も既存の方も、50代以下の方のほとんどの方はアプリに移られています。

魔法の花瓶を実施して何か変化や効果があったか

理想のお店に近づいた

桜井さん 一番は来店数が上がりました。

常にお客さんが溢れるお店を理想としていたので、魔法の花瓶をすることでそれが実現できたと思います。

また、男性客や子どもなど、お花を飾ることにあまり関心のなかった世代や男性に効果がでています。

アプリの来店促進で、リピートやついで買いに変化はあったか

お花を選んでもらえるように

桜井さん お店からアクションをかけられるので、リピートにも勿論繋がっていますが、花瓶や切り花をついでに買っていってくださるお客様が増えました。

花以外のものを買っていた方も、花を買ってくださるようになり、用途を花に変えていただけるようになりました。

アプリの運用から、どのくらいで導入効果を感じられたか

準備が整ってからは、すごい勢いで広がった

桜井さん アプリの発信ができるようになって、すぐに効果が感じられました。準備が整ってからは、すごい勢いで広がりました。

アプリを利用されているお客様から、どんなお声がありますか

アプリの機能を楽しんでいただけている

桜井さん QRコードを使って、自動でスタンプが貯まっていく様子に楽しそうなリアクションをいただいけてます。

スマホに収容されたことで、財布のかさばりがなくなったのではないかと思います。

今後アプリ導入を検討される店舗様へ

アプリの機能を楽しんでいただけている

桜井さん お客さんが何を望んでいるのかを考え、知ることが一番大事だと思います。

お知らせ配信も、とても便利なものですが、使い方を誤ってしまうと通知などでいやな印象を与えてしまうので、お客さんの気持ちに寄り添って、よく考えながら使っていくことが大事だと思います。

購入していただくことでランクも変動します。そういった、お客さんの心を燻る機能をうまく使うことも顧客管理のひとつとして大事なのではないでしょうか。

アプリやサブスクなどを活用した今後の展望

時代に寄り添ったアプリ

桜井さん 今は個人客と繋がってアプリを運用しているのですが、同じように顧客管理やランクなどを使って法人とのつながりができるようになればいいなと感じています。

また、これからは非対面の対応が大事になってくると思うので、アプリの中で、簡単なやりとりでお花がお渡しできるようになれば時代に寄り添ったものになるのではないかと思います。

フローリスト桜屋
公式アプリ

フローリスト桜屋
公式アプリ

「30分の無料説明会」にてご相談を承っております。ご興味がある方はぜひお申し込みください。

お花屋さんのお悩みを解決します!

30分の無料説明会はこちら▼

お花屋さんのお悩みを解決します!

30分の無料説明会はこちら▼

よかったらシェアしてね!
目次